改めて…「できる」をやる の重要性

The following two tabs change content below.
【変える・つなげる・「できる」をやる】をモットーに、日々学びつづけています。詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
渡辺拓です。

今日はサイボウズの新人さんの
実践研修が終わりました!

ぼくも
チューターとして
参加してたんですが、

ほんまこの人らスゴいなと、、笑

いろいろと

「デキる」

新人さんばっかりで

「自分も気を引き締めていかんと!」

と思う一日でした。

で、そんな研修の最後の日、
ここまでの振り返り発表を
聞いていたんですが、

そのなかで

「できる」をやる

の大切さを改めて感じました。


・・

研修はチームにわかれて行い、
それぞれのチームで
目標やゴールを設定します。

そのチームの中のひとつに

各人のコンフォートゾーンをこえる

という目標を立てている
チームがありました。

「コンフォートゾーン」

これは、
自分のスキルの中で、
快適に過ごせるゾーンのこと。

例えば普段の生活で
コンビニでご飯を買うとか
問題なくできますよね。

それはコンフォートゾーンの
中にいるということです。

そこで例えば、

コンビニの店員さんと会話してみる

ということを考えると、
一気にハードル高くなると思います。

これが、

「コンフォートゾーンをこえる」

ということです。

普段やりなれてることから離れて、
ちょっと違うことをやってみる。

コンフォートゾーンの外に行くのは
なかなか大変ですが、

いちど外に出られれば、そこには
成長が待っています。

先程のコンビニの例なら
コミュニケーション能力が上がる
とかですね。

コンビニの例は
あくまでも一例で、

新人さんたちは
ひとつひとつの研修で、

いままでにやりなれてないことに挑戦して
自分のコンフォートゾーンをこえよう!

という目標を立てていました。


・・

ここまで聞くと

「えっ!そんな新しいことやるの、、
コワイ!大変そう!やりたくない!」

ということになりがちですが、

それを経験してきた新人さんいわく、

「そんなに難しいことじゃなかった」

というんですね。

どうやるかというと、

自分にできそうなことからやってみる

その繰り返しで、
どんどん外側に広げていける

ということを言っていました。

一気にとんでもない高みに
登ろうとするんじゃなくて、

そこに行くまでの階段を用意して、
一段ずつクリアしていけばいいと。

それを繰り返せば、
いつのまにか自分の
コンフォートゾーンから抜け出せる。

これって、まるまま

「できる」をやる

ということを
体感してるんやなと
聞いていて思いました。

チューターとして
教えている立場でしたが、

あらためて
これまで自分のやってきたことの
大切さに気付かされました。

あなたの

「できる」

はなんですか?

一つずつクリアして、
どんどん成長していきましょう!

いやー良い研修やった。

他にも学びを得たので、
どんどんシェアさせていただきます!

ではでは。

ここまでお読みいただき、
ありがとうございました!

感想お待ちしています!↓

【渡辺 拓】 感想・質問・お問い合わせフォーム
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=293d01049b3baf70

昨日の記事はこちらから↓

こんにちは! 渡辺拓です。 昼にFacebookに投稿した 「感覚」についての話が 絶妙に微妙な共感を得...

The following two tabs change content below.
【変える・つなげる・「できる」をやる】をモットーに、日々学びつづけています。詳しいプロフィールはこちら

===================

羽のように軽やかに、自然体で
話すためのメルマガ【毎日配信中!】

===================

話すのが苦手、人前で緊張してガチガチになり

・頭が真っ白になってしまう
・手が震えて止められなくなる
・何が言いたかったかわからなくなる

となってしまうあなたへ

論理的に伝わり、
人の心を揺さぶる話し方を手に入れて、

人と比べずに自然体で
軽やかに話せるようになりませんか?

全世界2400万人が使う
世界最高峰の教育プラットフォームで
評価4.5、最高評価を受賞した講師・渡辺拓が

「話すためのコツ」を”毎日”お届けします!

メルマガ登録はこちらから↓

https://maroon-ex.jp/fx80000/9xcGr1

 

スポンサーリンク
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索