速さ=信頼。

The following two tabs change content below.
【変える・つなげる・「できる」をやる】をモットーに、日々学びつづけています。詳しいプロフィールはこちら

バスケのスタッフ募集の
メールを見た僕は、

過去に苦い経験となった
就職活動のことを思い出します。

今の自分にできることで
それをうち破ることができるのか・・!

こんにちは!
渡辺 拓です。

ぼくはいま
好きなこと=バスケを
副業にしています。

これまで、
僕が副業を始めてから、

このバスケでの副業に
出会うまでを書いてきました。

ここまでの経緯をお読みでない方は、
全部お読みください!
といいたいところですが、

こちらにまとめてますので、
ぜひお読みください。

副業を始めるまでの経緯はこちら↓

「副業をはじめる」ときに 感じたことは、 いままでのことを振り返る いいキッカケになりました。 こんにちは! ...

副業を始めてから、
バスケの副業に出会うまでの経緯はこちら↓

ぼくは今でこそ バスケの副業をしていますが、 はじめは全然違うところからの スタートでした。 この間に、自分の考え方...

今日の話は、

スタッフ募集のメールを
開いたところから
はじまります・・

募集のメールをみて、それで・・

「スタッフ募集のお知らせ」

メールには応募するための
フォームがついていました。

志望動機やできることなどの
いくつかの項目を埋めていく。

いうなれば
就活のときのエントリーシートを
久しぶりに書くことになったわけです。

この応募フォームを見て
過去の就職活動のときのことを
思い出しました。

秘密にしていた就職活動

僕は大学院のときに
物理学を勉強していました。

そこで入っていた研究室は、

機械をつかって実験をおこなう
「実験系」と呼ばれる
研究室とは対象的に、

「理論系」と呼ばれる研究室でした。

使うのは、もっぱら紙とペン。

一日中
ノートとにらめっこしながら
数式と向き合って考える。

これを続けていても
飽きが来ないひとたちばっかり。
みんなガチで勉強が大好きです。

そんなこともあってか
この研究室、

修士課程、つまり
大学院2年間が終わった後に
「就職した人」というのが

当時すくなくとも過去5年間は
いなかったんです。

みんな博士課程、
次の3年間まで
研究室で過ごすことを決めていたんですね。

そんななかで
僕はいろいろあって
就職しようとしていたので、

はじめは恥ずかしくて
就職活動をしていることを
ひたすら隠していました。

そんなこともあって、
けっこう就活初期は迷いがありました。

就活サイトに募集がかかっても、
なかなか踏み出せない。

「どうしようかな・・・」

と、悩んでいる間に
人気の会社の募集は終わっている。

そんなことが多々あったんですね。

また止まってしまうのか?

そんな「行動できない」
就活のときの経験が
ふと頭をよぎりました。

そしてもう一つ頭にうかんだもの。

これまで副業をはじめるに当たって
読んできた本やメルマガにのっていた
この言葉です。

「ビジネスは、スピードが命。」

いままで、
副業をはじめようとしても
ダラダラ先延ばしにしてしまった自分、

そして
過去の就活で
迷いながらチャンスを逃してきた自分。

そんな自分を
ここでやめてしまおうと思ったんです。

募集の期限は一週間後でしたが、
すぐに行動しようと決めました。

「すぐに」って、どれくらい?

課した期限は、明日の朝、
会社の業務がはじまるまで。

僕の会社は
何もなければ早くに帰れます。

が、メールを受け取った日は

個人的な理由で
けっこう遅くまで
残業をしていました。

帰りの電車にのるときに
メールを開いたのが21時ごろ。

そして家にかえるのが22時、

そこからの作業です。

次の日は朝イチ、
業務ははじまり直後の9時から
会議がありました。

そこまでになんとか
エントリーシートを
書き上げようということにしました。

エントリーシートを書くには

期限は決めたものの、
残業までして疲れている状態です。

ここでいかに速く、
ちゃんとした文章を書くことができるか
考えました。

アピールポイントの書き出し

期限がないので、
22時に帰ってからやったことは、

「アピールポイントの書き出し」

でした。

バスケットについては
コーチの経験がある、ということから、

エンジニアとして働いているので
システムについては詳しいということ、

朝は早起きで会社に行きます、
なんてことまで。

さきほど見返したら50個以上、、

とりあえず
思いついたものはなんでも、
制約をつけずにひたすら書き出しました。

準備をして、寝る

で、寝ます。

業務、残業、書き出し、、、

一日頑張りきった頭では、

その後のまとめ作業は
まったくできないだろうという
判断をしたんですね。

仮にやれてもおそらく

時間はかかるし、
クオリティは落ちそうだしで

いいことないだろうとも考えました。

そこで、頭に残しておく作業をしたんです。

寝る前には、

「こんな人を募集しています!」

という、
求めている人物像や、

「志望動機はなんですか」
「アピールポイントはなんですか」

といった募集フォームの項目。

こういった募集要項と、
先ほど書き出したたくさんのポイントを

交互に、
ただただ、
眺めます。

「どんなことが書けそうかな…?」

とりあえず考え始めたところで
ベッドに入ります。

まとめ作業は眠っている間に
脳に任せる感じにしたんですね。

まとめて、文をつくる

翌朝、書き出した
たくさんのパーツを
まとめて文を作りました。

いつもより一つ早い電車に乗って、
会社に到着。

そこからひたすら
つなげて、まとめて
文を作る作業に集中です。

前日に頭に入れたおかげか、
いいスピードで
まとめが浮かんできました。

そのときの感覚は
昔よくあそんだ
レゴブロックに似ていました。

作りたいものにあわせて、
パーツを選び出し、
組み合わせて作品を作る。

そんな、
昔好きだった、
レゴブロックを
文を書きながら思い出しました。

求めている人材像や、
スタッフの募集要項にあわせて、

アピールポイントを選び出し、
つなげて文を作っていく。

小さい頃から、
レゴブロックで作ったものには

ワンポイントのアクセントを
つけておくことが好きでした。

そんなことも思い出し、

直接募集要項にはないところも、
エピソードなどとからめて

なんでもとりあえず
盛り込んでおきました。

なにが引っかかるかはわからないので。。

バスケの副業なので、
基本的にはバスケの知識を中心にしつつ
書いていきました。

実は、最後まで
書こうかどうか迷ったのが
「学歴」です。

僕の場合、
社会人として挨拶をするときに、

あまり先に学歴を話すと
敬遠されることが多かったんです。

(今思えば話し方が
悪かったのもありますが。。)

この学歴を
書こうかどうか最後まで迷いましたが、
結局は書いておくことにしました。

なにが引っかかるかはわからないので。。

それを集中して書き上げて、完成。
提出したときの時刻は

8時58分、

朝イチ9時の会議がはじまる2分前でした。

とにもかくにも、
なんとか出し終えたわけです。

あとは天命を待つのみ…!

速さ=信頼。

「ええっ!?!?」

会議終了後に、
メールボックスを開いたときの
ぼくの心の声です。

会議終了後に驚いたことには、
なんと9時3分には返事が来ていました。

「ぜひ一度お会いしましょう!
今日のご予定はいかがですか?」

これには

「はやっ!!」

と二重のイミで驚きました。

応募してから、
五分も立たずに
会うことを決断されている。

しかも今日の予定を取ってくださると。

やはり創業者の方だけあって、
行動の速さが違うなと。

これだけでも、
「僕もはやくお会いしたい!」
という気持ちがつのりました。

この見立てが正しいことは、
後ほどその目で見て
証明されることになります。

その当時は
部署間の異動も重なり
飲み会が多く入っている時期でした。

それでも当日は
運の良いことに
僕の予定があいていたため、

すぐにあう約束をしました。

まとめ

今日は
運命のスタッフ募集メールが
届いたところからでした。

過去の僕は、
行動できずに
チャンスを逃していましたが、

ポイントを書き出し
まとめる作業をした結果、

メールが届いた日の翌朝までに
スタッフ応募を出せました。

そしてすぐに帰ってきたメール。

当日にバスケの副業をされている方と
お会いすることになりました。

今回のエピソードを通して
感じたことは

ビジネスは、スピードが命。

ということです。

実際に実行されている方の
スピード感に触れ、
身にしみて感じました。

次回、
ようやく
バスケ副業の面接です。

創業者の方に
おあいしたその日から、

その行動力に
驚かされることになります・・!

ではでは。

ここまで
お読みいただき、
ありがとうございました!

p.s.

今回でてきたまとめの手順、
時間がないときでも
だいたい早く実行できるので

オススメです。

資料作成などには
ぜひご参考にしていただければ・・!

The following two tabs change content below.
【変える・つなげる・「できる」をやる】をモットーに、日々学びつづけています。詳しいプロフィールはこちら

===================

羽のように軽やかに、自然体で
話すためのメルマガ【毎日配信中!】

===================

話すのが苦手、人前で緊張してガチガチになり

・頭が真っ白になってしまう
・手が震えて止められなくなる
・何が言いたかったかわからなくなる

となってしまうあなたへ

論理的に伝わり、
人の心を揺さぶる話し方を手に入れて、

人と比べずに自然体で
軽やかに話せるようになりませんか?

全世界2400万人が使う
世界最高峰の教育プラットフォームで
評価4.5、最高評価を受賞した講師・渡辺拓が

「話すためのコツ」を”毎日”お届けします!

メルマガ登録はこちらから↓

https://maroon-ex.jp/fx80000/9xcGr1

 

スポンサーリンク
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索