スピーチで、何球投げればいいか?

The following two tabs change content below.
【変える・つなげる・「できる」をやる】をモットーに、日々学びつづけています。詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
渡辺拓です。

今日はスピーチを
作っています。

明日、とあるセミナーで
スピーチをする機会をいただいたので、
それの準備です。

内容はおまかせということで、

「よっしゃ!この2週間、
震災にあった実家のサポートで
学んだことをスピーチにしよう!」

と、
意気込んで
つくりはじめてたんですが、、

言いたいことを
アレもコレもどれもそれも
どんどん追加していったら

全体で「15分」くらい、
いい感じの分量の
スピーチができあがりました。

・・いただいた「3分間」の枠に対して。笑

というわけで、

いま、全体を
5分の1に削る作業を
しているところです。。笑


・・

どんなプレゼンでも
そうなんですけど、

この

「削る」作業

ってめちゃ大事です。

やっぱり

ちゃんと伝わるか
不安だったり、

言いたいことが
いっぱいあったりすると、

こうやって
プレゼンって
膨らみがちです。

でも、

情報量が多すぎると
受け手にとっては

どんないい情報も
よけいな「ノイズ」に
なってしまいます。

受け取りきれずに
結果なんだか
よくわからないスピーチ

だったり、

なんかすごかったけど
何を学べばいいか
よくわからないスピーチ

が生まれてしまうんですね。

キャッチボールで
一気に20球とか投げられても
受け取れないですよね?

(これはどうやって投げるんや?
という興味も湧きますが笑)

そうじゃなくて、
自分のホントに伝えたい一球、
コアのメッセージを選び抜いて、

それだけを相手に
投げてあげることが大事です。


・・

かといって
はじめからその

「ひとつだけ、伝えたいこと」

を頭の中で
選ぼうとすると大変です。

容量って有限なので、
とちゅうから

「アレ?どれが言いたいことやったっけ?
これかな?いやあれも、、」

みたいなぐるぐる状態に
ハマってしまいます。

なので、

伝えたいことを
たくさん出しておいて、
その後に削る。

この感覚をぜひ覚えてください!

さ〜、続きに戻っていきます。
(いつ終わるかな。。^^;)

ではでは。

ここまでお読みいただき、
ありがとうございました!

感想お待ちしています!↓

【渡辺 拓】 感想・質問・お問い合わせフォーム
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=293d01049b3baf70

昨日の記事はこちらから↓

こんにちは! 渡辺拓です。 今日はサイボウズの新人さんの 実践研修が終わりました! ぼくも チュー...

The following two tabs change content below.
【変える・つなげる・「できる」をやる】をモットーに、日々学びつづけています。詳しいプロフィールはこちら

===================

羽のように軽やかに、自然体で
話すためのメルマガ【毎日配信中!】

===================

話すのが苦手、人前で緊張してガチガチになり

・頭が真っ白になってしまう
・手が震えて止められなくなる
・何が言いたかったかわからなくなる

となってしまうあなたへ

論理的に伝わり、
人の心を揺さぶる話し方を手に入れて、

人と比べずに自然体で
軽やかに話せるようになりませんか?

全世界2400万人が使う
世界最高峰の教育プラットフォームで
評価4.5、最高評価を受賞した講師・渡辺拓が

「話すためのコツ」を”毎日”お届けします!

メルマガ登録はこちらから↓

https://maroon-ex.jp/fx80000/9xcGr1

 

スポンサーリンク
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索